1.バッグのサイズを知る。
デザインする為に、その範囲と寸法を知ることが大切です。ここでは実際にバッグを創る為の寸法と見取り図を掲載します。条件をしっかりと理解し、イメージを膨らませてください。
寸法単位:mm

底 部
基本型
開口時

2.デザインをする。
デザインがどの部分に影響されるのか・・・右のイラストをご覧ください。バッグは最終的に筒状に仕上がりますが、デザインを準備する際はこちらのイラストのように、2枚の長方形の布が基本スタイルとなります。画用紙やキャンバスの上にデザインする要領で考えていただければ良いと思います。

presentation size:
上部開閉部 H115mm×W700mm
本体部   H375mm×W700mm

desgin size:
上部開閉部 H50mm×W660mm
本体部   H355mm×W660mm

3.パーツカラーを決める。
デザインが決定したら、次はパーツです。今回は合わせやすいスタンダードカラーを2パターン用意しました。なお牛革カラーと金属パーツカラーの組み合わせは固定となりますのでご了承ください。

Colors type:
Patarn:01/ブラック革×シルバー
Patarn:02/ブラウン革×ブラックニッケル

patarn:01
black&silver
patarn:02
brown&black-nikkel
牛革部         パーツ部
牛革部        パーツ部